フロントフラッパーカーリー使ってみた【ノリーズ】フックサイズやオススメリグ、関連動画を紹介

レビュー

フロントフラッパーカーリー4インチを今回使ってみました。

深めのリブとボディー中央のシャッドテールが特徴的なワームです。

薄すぎず、厚すぎずのちょうど良いファット感があります。


最近はフォールだけに特化したワームや、スイミングのみに特化したワームが多いような気がしますがフロントフラッパーカーリーはフォールとスイミングの両方で力を発揮してくれるワームです。

一つのワームでカバー打ちだけでなく巻きもしっかり攻めたい方はぜひ使ってみてください。

外見

まず特徴的なのは深めのリブ。
横と縦に深いリブが作られています。

リブが深いのでフックがしっかり隠れスナッグレス性を高めてくれます。

フックが隠れていてフッキング率が気になりますが、横に入ったリブがあるのでフッキング性能も高めの設計になっています。

パーツも多くアピール力も高めなので濁りが入ったフィールドでもしっかり魚を呼んできてくれます。

ボディ中央のシャッドテールは少し厚めになっているのでしっかり水を押してくれそうです。

付け根は少し細めです。

パーツが飛ぶ時はだいたいココが飛びます。

カーリーテールも水をかき回しやすそうな形状をしています。

今の所破損してないので耐久性は高そうです。

これだけパーツが多いのであまり目立ちませんがヒゲパーツも付いています。

フロントフラッパーカーリー スペック

フロントフラッパーカーリー 価格と入数

まずは気になる価格と入数を紹介。

750円で5個入りです。

一つあたり150円とほかの同系ワームも中では少し安めなのではないでしょうか。

ボディー中央のシャッドテール以外は耐久性も高めなのでコスパは良いと思います。

カラー数は9種類

僕はバンドウ カワエビを使っています。

ステインワカサギとカバードーンも使ってみたいです。

フロントフラッパーカーリー 重さ

ワーム単体で8.41gです。

基本的にテキサスリグやフリーリグで使う機会が多いのでベイトタックルで使っています。

フロントフラッパーカーリー フックサイズ


フックサイズは4/0がちょうど良いです。

僕は定番ですがT.N.S OFFSETを使っています。

フロントフリッパーカーリー オススメリグ

テキサスリグ

カバーに入りやすいし回収時の抜けもいいので濃いめのカバーメインで使っています。

フリーリグ

岩盤、立ち木などをメインで使っています。

直リグ

あまり濃くないカバーで使う事が多いです。ボトムをじっくり攻めたい時は直リグを使う事が多いです。

写真のフックサイズは3/0です。

関連動画

You Tube

「魚から来い」は名言です。やっぱり田辺さんはかっこいいですね。

釣りビジョンVOD Go for it!春のリザーバー・神奈川県津々井湖

You Tubeではフロントフラッパーカーリーメインの動画ですが、Go for it!春のリザーバー・神奈川県津々井湖では巻きの釣り中心の動画です。

釣りビジョンVODは14日間無料で見れるキャンペーン中なので興味がある方はぜひ見てみてください。

\14日間無料キャンペーン/

詳しい登録方法はこちらの記事に書いてあります。10分くらいで登録出来ると思うので興味のある方は読んでみてください。

フロントフラッパーカーリー使ってみた感想

今回はノリーズ、フロントフラッパーカーリーの紹介でした。

パーツが多いので若干キャスト性が悪いかなーと思っていましたがキャスト性も悪くなかったです。

状況にもよりますが立ち木、岩盤ではフリーリグ。カバーでは直リグ、テキサスリグ。もう少しアピールしたい時はラバージグのトレーラーに使う感じが良いです。

上でも書いた通りパーツも多く水押も強いワームなので濁りのキツイフィールドでもしっかり魚にアピールしてくれます。

フォールでも使えてスイミングでも使えるフロントフラッパーカーリー。

ぜひ使ってみてください。