リューギ RYUGI Rタンク XLサイズを購入してみました シンカーやフックなどの小物収納に是非

レビュー

R-TANKのXLサイズを購入し実際に使ってみてのレビューです。

購入してみようか迷っている方やXLサイズの使用感が知りたい方の参考になれば嬉しいです。

僕はボートでの釣りで使う為に購入しました

ボートでの釣りでシンカーなど小物収納に悩んでいる方はぜひ読んでみてください

リューギ RタンクXLサイズ

 釣りを続けていると小物類が増えてきますよね。フックだけでもいろいろなメーカーからさまざまなタイプの商品が発売されてますしシンカーもバレットシンカーやダウンショットシンカーにネイルシンカー。

最近だとフリーリグ専用のシンカーやビフテキリグ用のシンカーなんて物もありますよね。

さらに材質や重さ、カラーのバリエーションまで色々なタイプがありますから実際に使いそうな種類だけ集めても結構な量になります。

今回は増え続ける小物類をできるだけ小物ケースを一つにまとめたいと思ったのでRYUGIのRーTANK購入する事にしました。

サイズがLとXLの2種類あるのですが今回はボートでの釣りをメインに考えてXLサイズを購入しました。

お値段

まずは気になるお値段ですがなんとXLは2800円くらいします。

ほかの小物ケースと比べると正直かなり高いかなと思います。

ですが高い収納力や防水パッキンなどの他の小物入れではあまり見ないような機能もありますし、かなりしっかりした作りだと感じました。

これらを考えると多少高くてもしょうがないかなと

リューギ Rタンクのサイズ感

200×115×49と結構大きめです

以前使っていたVS-320と比べてみるとこんな感じ

倍近くあります

シンカーやフックを収納してみて

実際に収納してみると思った以上に収納出来ました。

正直全部入り切らないかなと思いましたが余裕で収まりました。

バレットシンカーも1/16、3/32、1/8、3/16、1/4、5/16、3/8、1/2、1オンスとたくさん収納する事ができましたし、ネイルシンカーなども数種類入れる事ができました。

入るか不安だったデコイの1オンスシンカーも無事入れる事が出来たので非常に満足です。

これだけ入れても少しスペースが余ってしまいました。

シンカーの他にはビーズやマス針、ワッキーチューブなどをいれてます。

仕切り板もすべては取り外せませんが、ある程度はスペースを分ける事が出来るので今後いろいろ工夫して空いてるスペースも有効活用して行けたらなと思います。

R-TANKを実際に使ってみた感想

購入してからボートでの釣りと陸っぱりと両方で使ってみましたが陸っぱりには一つ下のLサイズがイイかなと思いました。

理由は自分の使っているカバンには少し大きく出し入れしにくいと感じたからです

大きめのカバンなら出し入れもしやすく問題なく使えると思います

ですが、今まで種類が多く管理しにくかったシンカー類を一つにまとめる事が出来たので非常に満足しています。

ほかの小物ケースは蓋が半透明だったりと何が入ってるか分かりにくい物もありますがR-TANKは蓋が透明なので使いたいサイズのシンカーなどをすぐ取り出せるようになり釣りの効率が少し上がったかなとも感じましたし陸っぱり用にLサイズ購入も視野にいれてみます。

 リューギR-TANK XLサイズどちらかというとボートで釣りをしている方やカバンに少し余裕のある方に向いてるのかなと思いました。