ルアーのリップが折れたので修理してみました【サーキットボード】

修理

ミノーのリップが折れてしまった経験をした事のある人は多いのではないでしょうか

僕はリップの折れたミノーってなぜか捨てれずに残してしまう派です

捨てるのはもったいないし、かといって買い取ってもらえないだろうなーと思って結局ボックスに保管してしまいます

今回はリップの折れたミノーをまた使えるよにしたいと思いネットでサーキットボードを買って修理してみました

結構簡単に出来るのでリップの折れてしまったミノーを捨てれずに持っている方はぜひ

リップを修理するのに用意する物

リップを修理するのに用意する物やあったら便利な物をまとめました

ぜひ参考にしてみてください

サーキットボード

僕が使っているのはHMKLのサーキットボードです

HMKLなら間違いないと思ってコレを買いました

僕は0.8mmを使っています

万能バサミ アクリルカッター

サーキットボードを切るのに必要です

僕は万能バサミの方が作業も早いし使いやすいので万能バサミの方をメインで使っています

どちらか一つでもOKですが一つだけ買うなら万能バサミをオススメします

レザーソー

新しいリップを差し込む溝を作るのに必要です

カッタータイプを使ってます

紙やすり

ホームセンターで買いました

番手は800番を使ってます

サーキットボードの仕上げやリップの折れた部分の処理に使ってます

厚紙(無くてもイイ)

無くても大丈夫ですがあると便利

リップの型取りに使ってます

0.5mmの100均で売ってる厚紙を使ってます

ネットで買うと高いので100均で買う事をおすすめします

ヤスリセット

100均で買った3本セットのヤスリ

使い勝手が良くてあると便利です

接着剤

 僕はセメダイン3000ゴールド ゼリータイプ を使ってます

エポキシ

新しく作ったリップの補強に使ってます

リップ修理の手順

まず針が付いてる場合は外しましょう

僕はリップを取り付ける溝から作るようにしてます

新しいリップの溝を作る

新しく取り付けるリップを差し込む溝を作ります

レザーソーでもともとリップのあった所を削っていきます

今回は残った短いリップを参考に切りこむ位置と角度を決めました

こんな感じで溝を彫りました

次に残ったリップを削って整えます

僕は100均で売っているヤスリの三本セットを使っています

整え終わったら0.8mmのサーキットボードが入るくらい溝の幅を広げます

ここでも100均のヤスリを使っています

こんな感じに仕上がりました

若干削りすぎてしまった感がありますがこのまま進めます

サーキットボードの切り出し

まずはリップの型を厚紙で作ります

リップの差し込み口辺りを物差しで図ります

図ってみると9mmくらい

リップの付け根が9mmになるように厚紙を切っていきます

完成した厚紙を仮付けしてみるとこんな感じに

なんかイイ感じに出来た気がします

今回はこの型でサーキットボードを切り出していきます

型を取って切りだしたのがこちら

切り口をペーパーヤスリで整えて完成です

サーキットボード取り付け

仮付けしてみるとこんな感じに

少し隙間がありますがこのまま接着剤で固定します

接着剤を塗って乾燥さしたらエポキシで仕上げに入ります

2つの溶剤を均等にまぜてから塗っていきます

塗る時は100均で買った筆を使ってます

塗り終わったらすぐに筆を水洗いしましょう

あとは乾燥するまで放置

完成したのがこちら

結構雑な部分もありますがイイ感じに仕上がったんじゃないかなと思います

ルアーのリップ修理してみての感想

やる前は難しそうに感じますが実際にやってみたら以外と簡単ですしやって見ると結構楽しかったです

道具を揃えるのは大変ですが一度揃えると次回リップが折れた時にも使えますしサーキットボードを使ってルアー作りなんかも出来るので道具を揃えておいて損はないかなと思います

お気に入りルアーのリップが折れてしまってボックスの中で眠らしている方はぜひ