スクーパーフロッグ使ってみた【夢のフロッグ系ワーム】

レビュー

雨が降る日が多くなりそろそろ梅雨入りしそうですね。

梅雨といえばカエル。

カエルと言えばスクーパーフロッグ。

という訳で今回スクーパーフロッグを使ってみました。

3本入りで990円とかなり高めのワームですが、イイアクションをしてくれますし耐久性も高めなので気になる方はぜひ使ってみてください。

このページではスクーパーフロッグのおすすめのリグやフック、使ってみた感想を伝えればなと思います。

スクーバーフロッグの概要

外見

外観は今までありそうでなかった外観ですよね。

レッグの形が今までのフロッグ系ワームと比べると特徴的です。

腹側に深めのスリット、背中には横のスリットが入っていてフッキング率を高めてくれます。

フックをセットする時のポイントはお尻部分にある点を目安に刺すとイイ感じにセットできます。

素材

スクーパーフロッグはエストラマー素材になっています。

他のワームと一緒に保存できない点癖が付きやすい点はデメリットですが耐久性は高めです。

パッケージが分割できるブリスターパックなので保存する際はブリスターパックに保存しましょう。

切り目付きなので手で綺麗に分割する事ができます。

ブリスターパックの裏面にカッターで切り込みを入れるとフックを付けたまま持ち運べるので結構便利です。

ちなみにブリスターパックに保存せずに放置するとこんな感じで癖が付きました。

レッグに結構キツめの癖がついてしまいました。

熱湯でしゃぶしゃぶすると癖がとれるみたいなので今度試してみたいと思います。

スクーパーフロッグの価格と本数、カラー数、重さ

スクーパーフロッグの価格と本数

価格は990円(税別)入数3匹と、かなり高めの値段設定です。

ただその分耐久性も強めですので値段分の活躍は十分期待できます。

スクーパーフロッグのカラー数

カラーは11種類と結構多め。

僕の通っているリザーバーはクリアな水質な事が多いのでトノサマを使っています。

気になるカラーはバブルガムピンク。

濁りが入った時に使ってみたいなーって事と視認性が高いので視覚的に楽しい釣りができそうなので使ってみたいです。

スクーパーフロッグの重さ

重さは3.09g と軽めなので基本的にスピニングタックルにpeラインのセッティングで使っています。

スクーパーフロッグおすすめリグ

ノーシンカー

岸際を攻める時にノーシンカーで使う事が多いです。視覚的にも楽しいので一番使う機会が多いリグです。

アクションはマジでカエル。これでもかってくらいカエルです。

フロッグ系のワームの中で今までで一番カエルっぽいんじゃないかなと個人的に思ってます。

ノーシンカーで使ってるフック

T.N.S OFFSETの#4を使ってます。

セオライズも良いんですけど値段が高めなのでT.N.Sを使う事がほとんどです。

ダウンショット

ショートダウンショットで使う事が多いです。

フォール中のレッグのアクションがエグい。レッグが水押ししてくれるので小さいながらもしっかりアピールしてくれます。

実際に使ってるところが見たい方はYou Tubeか釣りビジョンVOD

You Tubeの動画はこちら。


釣りビジョンではfollou my Fの2021年7月13日放送、茨城の激戦レイク・霞ヶ浦を歩くでスクーパーフロッグを使っている映像が見れます。

釣りビジョンでは14日間、無料で動画視聴できるキャンペーン中なので気になる方はぜひチェックしてみたください。

\今なら14日間無料キャンペーン/

登録は10分あれば出来ますのでぜひ登録してみてください。

スクーバーフロッグ使ってみた感想

スクーパーフロッグを使ってみた感想ですが、想像以上のカエルっぽいアクションに驚きました。

今までのフロッグ系のワームの中でも一番カエルに近いアクションなんじゃないかなと思います。

僕はボックスにワームを入れれるだけ入れて持ち運ぶスタイルですがスクーパーフロッグのブリスターパックは細かく切り離しが出来るので持ち運びしやすくて助かります。

3本で990円とかなり高めの値段ですが耐久性も高めですので雨が多くなるこれからの季節ぜひ使ってみてください。