【VS-908】【VS-3010ND】ワームをたくさん入れられる陸っぱりでおすすめのワームケース

レビュー

陸っぱりで使いやすくワームをたくさん入れられるワームケースの紹介です。

僕が良く使っているワームケース、仕切りのないタイプのVS-908仕切りのあるタイプVS-3010ND を比較してみました

僕の主観ですがVS-908とVS-3010NDのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します

  • 仕切り付きと仕切りなしどっちが使いやすいの?
  • ワームをケースに入れて持ち運びたいけどオススメのボックスは何?

と迷っている方はぜひ参考にしてみてください

どちらも使いやすいけど僕はワームをたくさん持って行きたいので仕切りのないタイプのVS-908を使う事が多いです

【VS-908】仕切りが無くて大きめのワームも入れられるケース

214×118×45mmと少し底が深めのケースです。

VS-908だと幅が広めのワームも余裕で入りますし種類もたくさん持って行けるので愛用しています

そんなワームがたくさん入るVS-908のメリット・デメリットまとめてみました

メリットはワームをたくさん持ち運べる事

大きめのワームを持ち運べる事

デメリットは使いたいワームがすぐに取りだせない事

ストック数が把握しにくい事

ワームに変な癖が付いてしまう事

色移りする可能性がある事

改めて見てみるとデメリットが結構多めです

僕はいろいろなワーム持って行きたい派なのでVS-908をメインで使う事が多いです

VS-908を使うメリット

まずはメリットから簡単にまとめてみます

たくさんのワームの種類を持ち込める

一番のメリットはたくさんの種類のワームを持ちこめる事です

ワームを50本入れてもまだ入る余裕があります(もちろんサイズによりますが)

パッケージだけの運用だと結構かさ張るので色んな種類のワームを持ち込みたい人にはオススメです

幅が広めのワームも余裕で入る

2つめのメリットはギル系のワームが余裕で入る事

ギル系のワームはどうしても幅は広いワームが多いので仕切り付きのケースだとキツイ時がありますがVS-908なら余裕で入ります

これは仕切り無しタイプのケースの最大の利点かと思います

VS-908のデメリット

たくさんワームが入るVS-908にもデメリットがあります

改善できるものもあるのでまとめてみました

使いたいワームがすぐ取りだせない時がある

使いたいワームが上の方にあれば何の問題もありませんが使いたいワームがケースの底にある事が結構あるので困る時があります

何もない時ならあまり問題ありませんが見えバスがいてすぐワーム変えたいとかってなったら結構焦ります

ワームを入れる量を調節すれば解決する話ですがアレもコレも持って行きたい僕には結構難しいです

ワームのストックが把握しにくい

ワームをたくさん入れてるとワームのストックを把握しにくいです

使いたいワームを補充し忘れていたり、逆に少なくなったので補充したらまだストックがあったりみたいな事が良くあります

ワームの色移り

ごちゃ混ぜ運用の宿命です

僕はあまり色移りを気にしないタイプですが気になる方は同系色でまとめる、色移りさせたくないワームはパッケージで持ち運ぶなどの対策が必要です

ワームに変な癖がつく

これもごちゃ混ぜ運用の宿命です

特にシャッドテール系は癖がつきやすいです

定期的に確認してお湯で戻すか型崩れさせたくないワームはパッケージで持ち運ぶしか無いと思います

【VS-3010ND】仕切り板付きの少し薄めのワームケース

205×145×40とVS-908と比べると少し薄めのケースです

12枚の仕切り板付き

仕切り板付きなのでワームをサイズ毎に入れる事ができるしスモラバやフックを入れれたり使い勝手に優れたケース

VS-908と比べるとストックも把握しやすいです

VS-908と比べると若干薄めなので荷物をコンパクトにまとめたい方におすすめです

VS-3010NDを使うメリット

VS-908のデメリットを解決してくれるすごいヤツです

簡単にまとめるとこんな感じです

使いたいワームがすぐ見つかるのでストックも把握しやすい

仕切りがあるのでワームをサイズ毎に整理できるので使いたいワームを見つけやすいです

結果的にストックも把握しやすいです

仕切り毎でカラーを分けれる

仕切り毎でカラーを同色系に分ければ色移りもかなり改善できます

僕は色移り気にしない派なので結構適当にいれてます

ワーム以外にフックやスモラバなんかも収納できる

仕切り板があるのでワーム以外にもフックやスモラバも収納する事が出来ます

使う頻度の高いシンカーを入れてみたりスモラバのトレーラーをまとめて入れたり結構便利

小さめのプラグを入れるのもイイですね

VS-3010NDのデメリット

デメリットは少なめです

薄い分持っていけるワームの種類が少ない

VS-908と比べて入れられるワームの種類が若干少ないです

あとサイズによりますがギル系など幅のあるワームが入らない事も

やっぱり癖は付く

ごちゃ混ぜよりかはマシですが癖は付きます

僕は暇な時にお湯で治すようにしています

VS-908とVS-3010NDを比較してみてのまとめ

どちらのケースも使い勝手に優れたイイケースです

収納量を重視するならVS-908、使いやすさを重視するならVS-3010NDって感じでしょうか

まとめるとこんな感じです

ワームをたくさん持って行きたい

色移りや癖が付いても平気

ギル系など幅のあるワームを良く使う

という方はVS-908がおすすめ

ある程度キレイに収納したい

出来るだけ色移りをなくしたい

少しでも薄めのケースを使って荷物をコンパクトにまとめたい

出来ればスモラバやフックも収納したい

という方には仕切り板付きのVS-3010NDがおすすめです

ワームケースで何を使ったらいいか迷っている方の参考になれば嬉しいです