フィッシュローラー使ってみた【フックサイズやおすすめのネイルシンカー紹介】

レビュー

レイドジャパンから発売されたスト系ワーム

3インチと4インチのラインナップがあり今回は3インチを購入してみました

他のスト系ワームと違った角張ったデザインでホバスト時、ノー感じになりにくいのでホバスト、ミドストに苦手意識がある人も使いやすいのです

また体高があるのでフックのセットも他のスト系ワームより、やりやすいと感じました

僕と同じくスト系ワームが苦手な方はぜひ使ってみてほしいワームです

フィッシュローラー3インチ

レイドジャパンから6月に発売されたフィッシュローラー

サイズは3インチと4インチの2種類のラインナップです

レイドジャパンのスト系ワームでかなり気になってました

今回は3インチを購入できたので使用感など伝えれたらなと思います

サイズ入数カラー価格
3インチ
7本入10種類¥935(税込み)

フィッシュローラー3インチ、ディティールと操作性

同じ系統のワームは丸系のボディーが多い印象ですがフィッシュローラーは角張ったボディーになっていて水の抵抗を受けやすく、ホバスト時のノー感じを無くすような工夫が施されています

また、フックを刺すポイントがマークされている点と他のスト系ワームより体高があるのでフックのセットもかなりやりやすくなっています

僕はホバストのフックセットが苦手なのでこうゆう作りは助かります


目についてですが他のメーカーのワームと比べると若干ハズれやすいかなという印象を受けましたただ釣果にはそこまで響かないと思うのであまり気にしなくもいいかなと思います

フィッシュローラー3インチ フックサイズ

フィッシュローラー3インチ ホバストフック

僕が使っているのはDECOYのJIG 53F 60°Limerick-F #3です

僕はそのまま使っていますが自分でキーパーを作ってから使ったほうが良さそうです

近い内にキーパー巻しようかなと考えています

よくリューギのホバーショットが良いって聞くんですけどなかなか売ってないんですよね

機会があれば使ってみたいです

フィッシュローラー3インチ ミドストフック

ミドストにも#3……を使いたいんですが僕は#2と#1を使っています

特別な理由がある訳ではなくて単純に#3を持っていないだけです笑

釣具屋にサイズ揃ってない事やちょうど欲しいウェイトが置いていないというパターンがちょくちょくあって困ってます笑

使っているのはRYUGI Vespa#2 1/48ozとDAIWA バザーズ ジグヘッドSS1/32oz使っています

セットしてみるとこんな感じです

今の所フッキングも決まっているので悪くないかなと思います

フィッシュローラー オフセットフック

オフセットフックの使用は推奨されていないみたいですが僕は結構使っています

アクションも個人的にはぜんぜんアリだなと思います

興味がある方はぜひ

僕はRYUGIのSTANDARD#1/0を使っています

フィッシュローラーに入れるネイルシンカー

0.3gから0.9gの間で出来るだけ細いネイルシンカーを使っています

僕が使っている中ではJACKALL、reins、DAIWAの3メーカーが細くて使いやすいです

シンカーを実際に量りに乗せると各メーカー微妙に重さが違いますが簡単な表を作ってみたのでシンカー選びの参考になれば嬉しいです

個人的にはDAIWAのシンカーが一番刺しやすかったです

ozJACKALL(入数、g)
reins(入数、g)DAIWAリーンタイプ(入数、g)DAIWAネイルタイプ(入数、g)
1/96oz15個 0.3g16個 0.3g
15個 0.3g×
1/64oz
13個 0.45g14個 0.5g12個 0.45g12個 0.45g
1/48oz×11個 0.6g××
1/32oz9個 0.9g9個 0.9g7個 0.9g7個 0.9g

※下の写真ですがreinsだけ1/64の写真になっています

ジャッカルとDAIWAは1/96です

近い内にreinsも1/96の写真をUpするようにします

ジャッカル タングステンカスタムシンカー

バス釣り商品を取り扱っているお店ならほとんどのお店で取り扱ってるんじゃないかなと思います

定番中の定番のネイルシンカーです実際に刺してみるとこんな感じ

抜けにくい形状で入手もしやすいのでおすすめです

レインズ ネイルシンカー

僕が住んでる地域では置いてある店と置いてない店があります

基本はネットで購入してます

刺して見るとこんな感じです

reinsは他のメーカーよりもウェイトのラインナップが多いのでぜひチェックしてみてください

DAIWA バザーズ ワームシンカーTG

DAIWAのタングステン製のシンカーです

リーンタイプとネイルタイプがあってリーンタイプが細めという事なのでリーンタイプを使っています

刺してみるとこんな感じ

個人的には一番使いやすいです

フィッシュローラーに僕が使ってるタックル紹介

シマノの20ゾディアス268L2ピースにヴァンフォードC2500SHGにフロロ4lbを巻いて使っています

結構軽いのでホバスト、ミドストのシェイクでも疲れにくいです

レビューも書いてみたので興味のある人はぜひ

フィッシュローラー3インチ 補修について

ホバストの場合は薄刺しになるのでバスが釣れた時にワームが吹っ飛ぶ事が多かったです

キーパー付きのフックを使えば多少改善されるかなと思います


ミドストで使うジグヘッドにはワームズレ防止のキーパーが付いてる事がほとんどだと思うので吹っ飛び自体は少ないですがリグをチェンジする際などフックを外す時にワームが痛むのでこまめな補修が必要かなと思います

補修剤の記事も書いてみてるので興味がある人はぜひ

フィッシュローラー3インチを使ってみた感想

今回はレイドジャパンのスト系ワーム、フィッシュローラー3インチを使ってみました

3インチと小さめですが思っていたより飛距離がでました

陸っぱりメインなので飛距離が出るのはかなり助かります

また、ホバスト時に操作感を感じやすいのでホバストに対する苦手意識が少し減りました

ホバスト時のフックセッティングもマークがあるのでセットしやすかったです

練習してもっと綺麗にセットできるようになれればなと思います


僕と同じくホバストに苦手意識がある方はぜひフィッシュローラーを使ってみてください

フックのセットはスト系ワームの中で一番やりやすいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました